英語で日本を発信する記者の仕事をご紹介

「外国語が好き」、「外国語を使う仕事がしたい」という学生の方などに、こんな仕事をご紹介しましょう。

 

それは、「外国語で日本の記事を書き、発信する記者」です。日本国内のさまざまな出来事を取材し、それを外国語、例えば英語はもちろん、最近ではニーズが高い韓国語や中国語で記事にします。そして海外メディアや日本国内の英字新聞、外国人向けのウェブメディアなどに幅広く配信するお仕事です。

 

仕事の中身としては、いわゆる日本語の報道記者と同じです。政治・経済・スポーツ・芸能などさまざまな分野の題材を取材したり、対象にインタビューしたりして、記事自体は日本語ではなく、別の特定の言語で書くということです。

 

「日本語や文化に精通している」「日本人ならではの視点と切り口で、日本の問題を海外に発信できる」という点が、通常の外国人記者とは違う点です。外国の方に、「本当の日本の姿」を知ってもらえるという部分がこの仕事の魅力ではないでしょうか。

 

現在、日本国内の大手の通信社では、毎年この「外国語専門の記者」を若干数ですが定期的に採用しています。海外留学などを通じて外国語の腕を磨いてきた学生さんなどで、「我こそは」という方はぜひ、採用試験の受験を検討してみてはいかがでしょうか。