英語が使えそうな塾の隠されたデメリット

大学生のするアルバイトとしても人気の塾講師ですが、ここなら得意の英語を活かした仕事ができます。自分の得意を一時でも仕事にできるのはとてもありがたいことですが、一方ではデメリットもあります。

英語が得意な子が良く塾は集団塾が多く、より高みを目指して英会話スクールや留学で語学の勉強をしたような専門の社会人講師がつきます。英語が苦手な子は個別指導塾に来ることが多く、ここで大学生の多くがアルバイトをします。つまり、英語がわからない、嫌だという意識がある子に教えるわけです。ところが、自分は英語が得意なものだから、どうしてわからないかがわからない、相手の気持ちがわからないということになってしまいます。このタイプの塾に最も向いているのは、実は英語が苦手だったか頑張って克服したという講師なのです。

皮肉なことに、そのような人より始めから頭の良い人が優遇されるので、英語を教えるということは難しいように感じるかもしれません。これが塾においてのデメリットです。